全国一斉障害年金ホットライン

主催 クレジットサラ金生活再建問題対策協議会 社会保障問題研究会


全国一斉 障害年金ホットラインの概要

実施時間 2016年12月3日(土) 10:00~16:00
実施場所 全国15か所に電話回線を用意して実施
実施方法 電話による相談・無料・予約不要

相談電話一覧

下記でお電話をお受けしています。お近くの電話番号をお選びいただき,おかけください。通話中の場合は,お時間を空けてあらためておかけください。通信費用はご負担ください。

仙台  022-711-6225 022-711-6228
群馬  0277-55-1400
埼玉  048-864-8960
東京  03-3527-9357
神奈川  045-662-9655
石川  076-277-4418
長野  0263-31-3811
愛知  052-916-9131
滋賀  077-522-9027
大阪  06-6136-6278
和歌山  0120-609-055 073-424-6300 073-424-3280
福岡  0942-27-5194
佐賀  0952-22-6284
宮崎  0985-27-2220
宮崎  0985-26-4656


障害年金ホットライン開催の趣旨

厚生労働省の統計では,障害者数約740万人(推計)に対し,障害年金の受給者数は200万人程度。障害年金の「制度を知らない」,「自分は該当しないと思った」,「手続き方法やどこに相談したらよいのかわからない」といった声が多いのが現状です。

障害者基本法により,毎年12月3日から12月9日までは「障害者週間」と定められています。そこで,その初日である12月3日に,障害年金に精通した弁護士,社会保険労務士が無料で電話相談を実施することにしました。

主催団体について

今回のホットラインの主催団体である「クレジットサラ金生活再建問題対策協議会」(略称「クレサラ対協」)は,1978年11月,「全国サラ金問題対策協議会」として発足し,多重債務者の救済に取り組んできました。その努力は,2006年12月の改正貸金業法の成立,2010年6月の完全施行に結実し,多重債務者数は激減しました。

クレサラ対協は,引き続き,多重債務の背景にある貧困問題(生活保護,教育,雇用,医療,年金,介護などの生活保障,貧困者を食いものにする貧困ビジネス,生活再建の社会システムの構築など)を解決を目指し,新しい運動に取り組んでいます。

クレサラ対協の中には,多くのテーマごとにいくつもの会議が設置されています。今回のホットラインは,その中の「社会保障問題研究会」が担当します。

お問い合わせ先

土井法律事務所 土井裕明 弁護士
電話 077-510-5758 doi@shigaben.or.jp

全国クレサラ・生活再建問題対策協議会

チラシはこちら